天球と紙片byはてなブログ

『天球と紙片』とついているが、実際は管理人の日常をだらだらと書いているだけのブログ

Tweet閲覧のためのRSSリーダーもどき案

なにこれ

 極力Twitterアカウントを使わなくてもいいように、Tweet閲覧のためのRSSもどきを作ろうとしている。理由の詳しいことは下の記事を参照してほしいが、簡単に説明すると「Twitter使うのつかれた(´Д`)」だ。

 

nantai-yuto.hatenablog.com

 

どんなのを考えてるの?

 さてRSSもどきといえども今まで私はちゃんとしたアプリケーションを作ったことがない。あると便利だろうと思って特定ワードリプレース用プログラムやファイル仕分けプログラムを書いたくらいだ。ちゃんと作りたいところだが、今回のこれはできるだけ早めに作っておきたいため、UI云々はあまり考えないようにする。

 というわけでどういうものを頭の中で考えているかを書いていく。考えているものを箇条書きにするとこのような感じだ。

  • TweetRSSはNitterから取得
  • 勉強がてらということで実装はPython
  • 画面はHTMLで作成
  • 見るアカウントを後で追加しやすくするため、閲覧アカウント情報(ユーザーネーム等)だけ別ファイルに分離
  • PythonスクリプトからHTMLファイルを生成→HTMLファイルでRSSの内容を確認

簡単にまとめると、Nitterから取得したRSSをもとにHTMLファイルを生成するPythonスクリプトといったものだ。Nitterは外部で運用されているサービスではあるため、半永久的に使用するというのはできないだろうが、現時点で使用する分にはおそらくこれが一番簡単だと考えた。実装に関してはPythonでなくてもいいが、勉強がてらというのと卒業研究の進捗報告書に「Pythonの勉強をしました☆(ゝω・)vキャピ」と口実つけることができるためPythonで書くことにする。というか私が書けるの後C言語Javaくらいだし、これらのプログラムを書くのが個人的にめんどくさいので。画面に関しては、プレーンテキストファイルと同じような感じで出力できそうだと考えHTMLにした。

 

とりあえずこの案を実現できるようなものを作ってみようと思う。