天球と紙片byはてなブログ

『天球と紙片』とついているが、実際は管理人の日常をだらだらと書いているだけのブログ

11月末までの進路方針

はじめに

就活辛い

……というのはさておいて、今後の生活のために進路についてどのように考えていくか書いていこうと思う。

現状

 さて、まず私の現状から書いていこうか。

現状、私は就活と院進(学内)の両方を視野に入れて準備を行っている。というのも、現時点でまだ院進するか決めてないのだ。正直院進はできればしたいところである。

院進に踏み切れていない理由は様々あるのだが、一番の問題が家族にかかる負担だ。確かに奨学金を借りればこの負担は軽くなるだろうが、それでも家内に学生がいるというだけでも学費以外の負担はあるはずだ。だからといって自分の希望を無視して院進しなかったら絶対後悔すると思うし、そもそも私の人生なのだから重要なターニングポイントを(家族と言えども)他人を気にして決めてしまうのはどうなのだろうかと考えている。

そんなことを考えているともう10月になってしまった。寒さも鋭くなってくこの時期は、就職課が本格的に就活プログラムを開催し、学生が本腰を入れて就活準備をする時期でもある。というわけで、そろそろ方針をちゃんと決めないと……そう考えたわけだ。

方針

 今回は11月末までどのように進路を考えていくか、その方針を決めた。

いたって単純だ。

『11月末までに希望の業種・職種が見つからなければ院進する』

先輩の中ではやりたい仕事がわからなかったから院進したという人もいるらしい。確かに自分のやりたいことがわからなかったら、就活で良い選択をできるようには思えない。そういう理由で院進するのもありのように思える。

とりあえずこれから11月末までに業界研究を行い、そこから自分が行きたい業種・職種が見つかったらその時点で就活に本腰を入れようと思う。見つからなければゼミの先生に院進することを伝えるつもりだ。

 

というわけでこのあたりで筆を置く。自分にとってベストの選択ができればいいな。